我が息子と戦国布武ブログ

戦国布武のプレイ記録です。アカウント名「🦈D-Mac🎴」でプレイしています。ときどき10歳の子どもがプレイするという、まあまあドキドキの展開です(^^)

233.模擬天下戦の「主君」役

f:id:dmac1:20191021124839p:image

週末は模擬天下戦でした。

 

先週はこれといった予定がなかったので、金・土・日と3日ガッツリやりました。

 

日曜は妻から若干冷ややかな目で見られました・・・しまった、やりすぎ。

 

3人で入ると主君・右大臣・左大臣って割り振られるじゃないですか。

 

私ね、初めて「主君」役をやりましたー。しかも2回も。

 

なので、ちょっと調子に乗って「主君」っぽくやってみました。

 

・・・

 

「誰ぞ先陣をする者はおらんか!」

 

「はーい、やりまーす」

 

「○○さんに任せた!武運を祈る」

 

やっぱね、決断をする人が1人いないと10位以内とか厳しいよね。

 

普段は「わ、私は何でもいいです・・・」的な方も、主君になったらぜひリーダーシップを発揮しよう!

 

あと、主君になったら「城の防衛順」を決められますよね。

 

これはもう相談しないで勝手にやりました。

 

なんとなく、その時点で消化不良っぽい人(例:せっかく赤線出したのに味方に先に取られた。相手が戦意なしで戦いにならなかったなど)を一番にしてあげて

 

久留米城の防衛、○○さんが一番だよー」

 

って教えてあげると張り切って防衛していました。

 

やっぱ暴れ足りなかったんだなー。

 

・・・

 

<1回目:金曜日>

 

この日の夜は用事や飲み会もなく、ぜったい10位以内(3000ポイント)を目指してガッツリやりたいと思っていました。

 

で、会社の昼休みにサメチームで長屋でインしてる人を2人見つけたので、招待したら来てくれた!

 

二条城始まりでしたが、メンバーに強い方がいて2キル!

 

やったー!10位以内に入れた!

 

私は守りに徹して3~4回、防衛成功しました。

 

「2人で攻めて、1人が守り」

 

がいいんですかねー。

 

どうなんですかね?

 

場所次第なのかな?

 

四方が敵の初期配置になると1人守りがいないとなかなか厳しい。

 

 

<2回目:土曜日>

 

この日は野良でイン。松山城始まり。

 

相方の2人と挨拶や会話はするもののイン時間がまちまちでとぎれとぎれ。

 

開戦したらインしてたの私1人!

 

あー、これダメなパターン。

 

放置かなと思いましたが、岡山城のフレさんから連絡あり不戦にできそう。

 

そして岡豊城の敵チームがプレイヤーのレベルが37と38の方がいて、統一回数も30回程度。

 

「んー、これ頑張れば行けるんじゃないかなー」

 

と思い、岡城チームのフレさんに不戦を申し込んで「ひとり四国巡礼の旅」

 

・・・

 

右回りにしたよ。

 

高松城からどんどん行って、傷兵治療10回使って何とか四国統一!

 

「岡豊城、抜いたよー!」

 

・・・

 

シーン

 

野良はさびしい・・・

 

で、統一終わったら相方2人もインしてくれて状況を説明。

 

中国地方にめっちゃ強いチームがいて、

 

「九州に2チームもいらんやろ」

 

と南下してきて

 

「四国も行く」

 

と言いだし、

 

えっ!

 

頼むー、

 

やっぱ気が変わってくれー

 

こっち来ないでー

 

祈り続けて、中国地方チームが九州2チームのうちどっちか1チームをキルするのかなぁと見ていたら、なんとそのまま2チームともキルしてしまった!(こわっ!)

 

おかげで(?)、何とか10位以内を死守!

 

この局が一番疲れた・・・

 

 

 

<3日目:日曜日>

 

サメチームのチームインがあって、2チームが「主君」を募集していました。

 

私が選んだのは普段LINEやチャットでワイワイ楽しくやっているお二人がいるチーム。

 

「面白さ重視?(失礼・・・)」

 

ところが初期配置が熊本城。

 

熊本城ってあの狭い九州で何気に四方を敵に囲まれてやりづらい。

 

2キルはしたもののフレさんチームとの配置の絡みなどから窮屈な展開になってしまい、本来の面白さが発揮できず(失礼)、終了(これも10位以内達成!)

 

 

・・・

 

という感じでした。

 

何とか私はフルの13000ポイントをゲットしましたが、

 

いやー、「バトロワ」「真田丸」と比べてもこの模擬天下戦が一番大変だし疲れますね。

 

まあでも1か月に1回しかないイベントですので今後も楽しんでいきたいと思います。