我が息子と戦国布武

戦国布武のプレイ記録です。アカウント名「🦈D-Mac」でプレイしています。ときどき9歳の子どもがプレイするという、まあまあドキドキの展開です(^^)

118.チームイン

せっかくサメチームに入ってますので、ぜひ一度やってみたかったのが「チームイン」

 

でも息子と共同プレイスタイルのうちは相方さんにご迷惑をかけるといけないと思い、野良で同局インしてみましたー

 

ええと、野良ってのは1人でやるってこと(皆さん知ってますよね)。野良猫ですねー

 

チームインが戦国布武の入局時にあるボタンのことですが、「同局イン」ってのはみんなで「○○時△△分」て時間を決めて、せーので入局すること。

 

「D-Macさん、16時31分(仮:ほんとの時間じゃないよー)でお願いしまーす!」

 

ええ~っ、31分00秒にポチッってことかなぁ~。

 

早すぎて1人はぐれたらどうしよう。ホントの野良だよ~。10秒くらい待った方がいいかなぁ

 

5分前から落ち着かず。

 

いよいよその時!

 

31分07秒でポチしてみましたー。

 

さあこの7秒の溜めが吉とでるか凶とでるか。

 

・・・

 

ガーン・・・

 

5人しかいない。サメチーム12人で入ったのに・・・

 

筒井城始まりでしたが、かろうじて東海地方にサメ仲間がいて、遠くはありません。

 

「D-Macさん、初のチームインらしいよ。今日はD-Macさん統一でいきましょう!」

 

あぁ~、うれしいんだけど、逆にプレッシャー・・・

 

死ねないな、今日は。

 

いや、死ぬのが怖くて守りになんか入れるか―

 

大変幸運なことに雑賀城の卍チームの方がめっちゃ友好的!

 

津山城、手伝います!」

 

「いま山吹城行ってください!」

 

この少納言になってわずか1週間のレベル30プレイヤーが、なんとも順調に西国を制覇していきます。

 

いやー、しかしこういう局では外交がとても多い。

 

挨拶はもちろんのこと、

 

「○○さん、失礼します。(攻めるってこと)」

 

「サメチームのリーダーによろしくお伝えくださーい」

 

ちょっと戦局とコミュニケーション同時進行難しいんだけど・・・

 

「あっ、○○さん、キルの横取りは辛いです!」

 

「えっ、あっ、そうだったの。ごめんなさい。じゃあキルしてください」

 

・・・

 

こっ、これはひょっとして高度な外交戦術ですか?

 

こう考えると「○○さん、先日はどうも。よろしくお願いします」的な何気ない挨拶も何か含みがあるように見えてくる~

 

・・・

 

そして外交!外交!外交!でシナリオ通り進み~

 

少納言初の統一いただきましたー!!

 

いやー、800石頂いて、大史落ちの危機を「回避」したよー。

 

レベル31も見えてきた!

f:id:dmac1:20190529005439j:image

・・・

 

というわけで私にとっては大変ありがたい局でしたが、このコミュニケーションの多さや外交は息子にはちょっとムリ。

 

今後は石高はできるだけ独力で稼いで、統一もらったお礼にサポート役でやってみたいと思います。